知育玩具の相場

外国製の知育玩具には5万円以上するものもありますが、3000円から1万円が相場です。

知育玩具と他の玩具の違い

知育玩具は思考力や表現力を高める設計

知育玩具と他の玩具の明確な違いは、思考力や表現力を高めるよう設計されていることです。単に楽しく遊べる玩具ではなく、考えながら遊べるように設計されているため、自然に思考力が身についていきます。問題解決能力を高められるなど、知的な思考回路を培うことができる玩具です。

知育玩具は素材にもこだわっているものが多い

一般的な玩具は耐久性やコストパフォーマンスの観点からプラスチックを素材としているものが多いですが、知育玩具は五感に与える影響を重視して作られているため、素材にこだわっているものが多くなっています。環境に配慮した木製のものも多く、手触りや匂いなども楽しめる作りとなっています。

知育に取り組む家庭の玩具平均費用は

おもちゃ

赤ちゃんから小学生に入学する位までの子供の吸収力は凄まじいものがあります。この期間に知力を優しく育成していく事が良いとされ、多くの家庭で取り組まれています。知育の代表的なのはやはり赤ちゃんや子供が興味を持つ玩具であり、楽しく遊びながら考える力を養える知育玩具です。知育玩具は年齢や個人毎の興味関心の方向で選ぶ為、費用や内容は様々です。0歳や1歳などはまだ多くの事ができませんので、単純かつ安全な玩具です。2歳から5歳位は年齢やできる事、興味などから知育玩具が選抜されていきます。多くの家庭は0歳の時から始める傾向にあり、1000円程の玩具が多いです。3歳位になるとできる事も多く単純ではなく多機能な玩具が効果的で、3000円程が平均になります。知育玩具は対象年齢が上がるほどに費用が掛かる傾向にあり、1000円から5000円以内で推移しています。

子供の成長に合わせた選択が重要

赤ちゃん

人間の脳は3歳までにだいたい80%形成されると言われています。子供はそれまで玩具からものすごく色々な事を吸収していますので、知育玩具選びは成長に合わせて選択する事が効果的で子供の為にもなります。知育玩具の種類は様々なタイプがあり、実際に選ぶとなると何を選べばいいか迷う事になります。子供自身に選ばせても正しいのか本当に欲しいのかわからない事も多くあります。実際に選ぶ場合、背伸びせずに知育玩具の説明や表面に記載されている対象年齢を参考にするとよいでしょう。学術研究などのデータから算出されている対象年齢なので、大いに参考になります。後は興味を持ってくれるか否かで判断できます。

知育は学ばせる事ではない

おもちゃ

知育に取り組む家庭は非常に多いですが、賢くなってほしい事やひらがななどを他の同年代の子より先にと言った希望で取り組む家庭も少なくありません。賢く勉強できる子に育てる事が知育の目的ではありません。知育玩具には確かにひらがななど学ばせるものも多くあります。文字に触れる事は非常に学習効果が期待できるでしょうが、文字に触れる目的以上の遊びを発展させにくいです。赤ちゃんや幼児期には大人の様な固定概念はありません。だから自由な発想と想像力が大人以上にあり、自分で考える力を養える時期でもあります。知育玩具選びでは、子供が自由に自分で考えて楽しめるものを選ぶのが良いでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3